管理職への転職か独立か

エンジニアという職業は実力社会であることが魅力のひとつです。学力も関係なく、またプログラミングは誰でも学べるスキルなので、努力次第でいくらでも稼ぐことができるようになります。ただし技術の進化は早く、また新しい開発環境も次々に提供されるので、年齢を重ねたエンジニアはついていけなくなることも多々あります。そのような中で新しい技術に慣れた若い世代の人材が次々と会社に入り、自分の居場所を無くす中高年も増えています。けれども歳を重ねると転職も難しくなります。プログラマーとしての求人は少なく、そのかわりに管理職として募集されることが多くなります。

けれどもこの業界では、プログラマーも管理職も行うことは、実はそれほど変わりません。プログラミングは仕様書で求められる動作をさせるために、プログラムというパーツをどう組み上げていくかを考える作業です。管理職も、組織の人材をどのように活用してクライアントの要望に応えるのかを工夫することになります。それを踏まえて新たなキャリアチェンジを求めると、多くの求人募集が出されていることに気づきます。あるいは独立を考える中高年エンジニアならば、クライアントとのコネクションを作る目的で転職する手段もあります。業務を通して自分の技術力をアピールできれば、フリーランスになった後の仕事の確保も楽に行えるようになります。このように中高年でも工夫次第で、自分のキャリアを積むことが可能となります。
ここで、中高年で転職を考えている方に役立つ参考サイトをご紹介しておきます。