エンジニア 求人を望む中高年へのアドバイス

近年のグローバル化は海外企業により日本市場への参入を促進させ、特に家電や情報通信の分野では熾烈な価格競争に晒されています。結果、生産コストを抑えるために、大手メーカーを中心として生産拠点の海外移転が加速しており、近年は中小企業までも外国へ出ていく時代となりました。このような状況下、手に技術を持つエンジニアであってもリストラの憂き目にあう厳しい時代となり、特に中高年を中心としてこの流れは今後も暫く続きそうです。リストラなどで中高年が再就職にチャレンジする場合、これまでエンジニアとして得た技術やノウハウが生かされる場合は、年齢による壁はある程度低くなる可能性はあります。

但し、最近は生産拠点のみならず、エンジニアの仕事自体も海外移転が加速しており、インドなど諸外国にアウトソーシングされる場合が多く、日本人エンジニア 求人自体が少なくなっている状況です。これは、日本人エンジニアの人件費が海外と比べると割高になっているためで、このようなギャップからも中高年には不利な状況となっています。従いまして、同じ技術職ではなく目先を変えて、営業系の仕事を探すのも一案です。特にこれまで培ったエンジニアのキャリアやスキルが活かせる同業種の営業職「セールスエンジニア」であれば、エンジニアリングを理解している分だけ文系の営業パーソンとは違った視点から顧客対応が可能でしょう。製品の技術的な説明に加え、使い方やメンテナンスなども詳しければ、顧客から信頼を得られることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です