技術職のエキスパートが業界で生き残る

IT業界のバブルが謳わ始めてから相当の年月が経ったとはいえ、依然として他業種よりも正社員の求人が多く、需要が存在するため、やはりエンジニアは人気の職種だといえます。しかしまったく安泰というわけではありません。世間一般において35歳以降の中高年となると求人が減り、転職が難しいという一般論がありますが、IT業界における35歳定年説というのはまた少し意味が違います。現場の最前線のプレイヤーとして最新の技術を貪欲に吸収しながら戦い続けることに限界を感じ、例えばマネジメント方向へとシフトし始める場合の、ひとつの区切りとなる年齢が35歳なのです。当然、多くのエンジニアたちは転職という選択肢も含めてその年齢を意識しながら働いています。椅子の少ないマネジメントの立場に転向=出世できる人は、選ばれた資質のある一部のみに限られます。それ以外の人たちは、リタイアしてまったくの異業種に転職するか、あるいは生涯現役の「技術職のエキスパート」として、腕を磨き続けることで最前線に残ることができます。

あえてキャリアアップするとしても、中高年向けの求人しかない時点で同様の方向性の選択を迫られます。それが中高年が少ないIT業界の見えにくい現実なのです。技術職のエキスパートを目指すのなら、35歳以降は相当な研鑽を必要とします。柔軟な発想の若い人たちとの熾烈な椅子の奪い合いになります。それでも第一線に立ち続けられるのなら、あなたにはその道が向いていたのかもしれません。頼り甲斐のある先輩エンジニアとして、自信とやりがいは相当にあることでしょう。ぜひ道を極めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です